北海道大学病院 スポーツ医学診療センター Center for Sports Medicine, Hokkaido University

トップ > ニュース&トピックス

  • Center for Sports Medicine スポーツ医学診療センターについて
  • スポーツ医学診療センターとは
  • センター長・顧問からのご挨拶
  • スタッフのご紹介
  • 設備のご紹介
  • 診療のご案内
  • 診療をご希望の方へ
  • 外来医師担当表
  • 外来受付について
  • リハビリテーション
  • メディカルチェック
  • 手術について
  • センターご利用案内
  • 交通アクセス
  • フロアマップ
  • 入院のご案内
  • お問い合わせ

ニュース&トピックス

main image

北海道日本ハムファイターズの監督・選手が北大病院を訪問されました。

2014年5月22日に北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督、大野奨太選手、佐藤賢治選手、近藤健介選手、大谷翔平選手が北海道大学病院を訪問され、院内学級の子供達と小児科に入院中の子供達を激励してくださいました。
院内学級は入院中の子供達が通級するために、病虚弱学級として北大病院内に設置されているものです。この訪問は、当院スポーツ医学診療センターの医師グループが北海道日本ハムファイターズのチームドクターであるという縁で、チームからのご提案・ご好意により毎年行われているものです。

main image

main image

main image

交流会の会場では、監督と選手の自己紹介、子供たちから選手たちへの質問の後、キャッチボール、グッズのプレゼント、記念撮影、サイン会等が行われました。監督・選手たちと子供たちとの楽しい会話に会場からは笑いが絶えず、また暖かい励ましのお言葉を何度もかけてくださるなど、終始和やかな雰囲気で交流が行われました。

main image

main image

交流会の後にも、監督と選手たちは、小児科病棟で会場に来ることができなかった子供達の病室を訪問され、一人一人を激励してくださり、記念撮影やサインにも快く応じてくださいました。
チームや選手にとって貴重なシーズン中の休日にこういった交流の機会を頂いたことに、心より感謝いたします。これからも北大病院は北海道日本ハムファイターズを応援いたします。



Posted at:2014年6月3日