北海道大学病院 スポーツ医学診療センター Center for Sports Medicine, Hokkaido University

トップ > ニュース&トピックス

  • Center for Sports Medicine スポーツ医学診療センターについて
  • スポーツ医学診療センターとは
  • センター長・顧問からのご挨拶
  • スタッフのご紹介
  • 設備のご紹介
  • 診療のご案内
  • 診療をご希望の方へ
  • 外来医師担当表
  • 外来受付について
  • リハビリテーション
  • メディカルチェック
  • 手術について
  • センターご利用案内
  • 交通アクセス
  • フロアマップ
  • 入院のご案内
  • お問い合わせ

ニュース&トピックス

main image

2013年度の少年野球検診が開催されました。

2013年11月から12月にかけて当センターの医師が中心となり、札幌市内の少年野球チームを対象とする少年野球検診が行われました。検診の主な目的は肘の離断性骨軟骨炎を発見することです。
その他にも肩や膝、腰などの障害についても必要に応じて診察しています。
肘の離断性骨軟骨炎は重傷になると手術しなければ野球を続けることができなくなり、将来肘が伸びない、曲がらないといった後遺症を残すこともある、野球肘の中でも最も怖い障害の1つです。検診で早期に発見されれば手術をせずに完治させることも可能です。検診で見つかった離断性骨軟骨炎の94%は初期であり、この障害で肘が痛くなってから病院に来た選手の90%が末期(手術が必要)であったというデータ(徳島大学・松浦先生)もあります。2013年度の検診では最終的に約4%の選手が離断性骨軟骨炎と診断されました。
今年度もシーズンオフに検診が行われる予定です。詳細は本ホームページでもお知らせします。

main image

main image

Posted at:2014年4月2日