北海道大学病院 スポーツ医学診療センター Center for Sports Medicine, Hokkaido University

トップ > スポーツ医学診療センターとは

  • Center for Sports Medicine スポーツ医学診療センターについて
  • スポーツ医学診療センターとは
  • センター長・顧問からのご挨拶
  • スタッフのご紹介
  • 設備のご紹介
  • 診療のご案内
  • 診療をご希望の方へ
  • 外来医師担当表
  • 外来受付について
  • リハビリテーション
  • メディカルチェック
  • 手術について
  • センターご利用案内
  • 交通アクセス
  • フロアマップ
  • 入院のご案内
  • お問い合わせ

image

main image

スポーツ医学診療センターとは Outline

Quality of Life「生きることの質」の向上を目指して

スポーツ活動によりいろいろな怪我(外傷・障害)が起こります。これまでの一般的な治療法ではスムーズに競技に復帰することは難しく、スポーツ活動の断念に追い込まれることも少なくありませんでした。これを支えるのが医科学的なサポートであり、スポーツ医学です。しかし、スポーツ医学は高いレベルの競技者のためだけのものではありません。近年、スポーツとは一部の若者だけが行うものではなく、「あらゆる年齢の人間一人一人が求める喜びや満足を伴う身体活動」と考えられています。スポーツ医学は、あらゆる人々がスポーツ(身体活動)を行い、健康な生活を維持し、QOL(クオリティ・オブ・ライフ、生活の質)を高めるためにあるのです。
北海道大学病院では1999年の「生体医工学・スポーツ診療科」の開設に始まり、2003年9月には「スポーツ医学診療科」と名称を変更し、整形外科やリハビリテーション科との連携で国際レベルのスポーツ医学診療活動を行ってきました。これをさらに充実させ、先進技術の開発と普及に取り組むことであらゆる人々のスポーツ活動を支援し、スポーツ医学の発展に貢献することを目的として、2013年6月よりスポーツ医学診療センターを設立しました。

目的と理念

01

あらゆる年齢の患者様が必要とするスポーツ・身体活動が怪我により困難となったときに、それぞれが求める様々なレベルへの復帰に対して、最先端の医学的知識と診断・治療技術に基づく治療体制の整備によって最良の結果を提供し、患者様のQOLを支援する診療を行う。

02

その結果をフィードバックすることによって、スポーツ医学診療における最先端技術の開発及び普及を行い、スポーツ医学研究の発展に貢献し、日本での最先端スポーツ医学診療を希望される患者様に、わかりやすく充実した情報を発信する。